製品・ソリューション

第166号:AIに教えてもらうCMMI, 気づきを得るためのフレームワーク活用

2018年1月25日発行

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓
┃月刊 銀ノ弾丸★ディスパッチャー      ┏┛Optimizing     ┃
┃≪≪プロセス改善のためのCMMI活用≫≫   ┏┛Quantitatively Managed┃
┃                    ┏┛Defined         ┃
┃発行:(株)大和コンピューター     ┏┛Managed          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━┛
某アイドルグループの緑がやめた。歌のパートもダンスも変わる。コールも変え
ないといけない。大変だと思ったが、4人のあの空を聴いたら、コールの対応は
そんなに大変ではない。コールが特殊のはワーズぐらいか。歌詞が影響を受けそ
うなのは、怪盗とZ伝説。UFIのキャサリンはどうする? もリフは? 推さ
れ隊はもう歌われることはないのか?    (CM SP 2.1 変更要求を追跡する)

CONTENTS
■AIに教えてもらうCMMI
■気づきを得るためのフレームワーク活用


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『CMMI入門コース』
ハイテクシステム、コンシューマーソフトウェア、またはITハードウェアを開発
しているかどうかにかかわらず、最高品質の製品を納期を遵守して顧客に届くよ
うにしなければなりません。このコースでは、『開発のためのCMMI』を使用して
組織の製品開発作業の有効性、効率性、品質を向上させる方法を学びます。
B) 2018年 2月19日(月)~21日(水)の3日間
C) 2018年 5月21日(月)~23日(水)の3日間
メルマガ読者割引あります。申込時にその旨お伝えください。
http://www.daiwa-computer.co.jp/jp/seminar/introv1_3.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
大和コンピューターは、CMMI研究所とのパートナ契約の下、公認のCMMIコースや、
CMMIの成熟度レベルを判定する評定手法SCAMPIによるアプレイザル等のサービス
をご提供しております。

▼サービス事例
・組織のメンバにCMMIの概要を伝える、トレーニングコース
・現在のプロセスの改善の機会を明らかにする、ギャップ分析
・改善の機会に対する改善策の検討の参加
・標準プロセスや各種テンプレートの作成活動に対する支援
・御社にインストラクタを派遣して実施するCMMI研究所公認CMMI入門コース

皆様のニーズに柔軟に対応しておりますので、まずはお気軽に下記までご連絡下
さい。
http://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/inquiries/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■AIに教えてもらうCMMI
────────────────────────────────────
数年後にはAI(人工知能)に奪われる仕事がたくさん出てくるという話を最近よく
聞きますので、強力な商売相手となるかもしれないAIのことを知るために、年末
にスマートスピーカーを買いました。

とりあえず、いろいろ試してみました。

「アレクサ、CMMIについて教えて」とか「プロセス改善って何?」とか聞いたら、

「すみません、よく分かりません」
「今はわかりませんが、もっと勉強しておきます」

などと回答されました。

次に「アレクサ、品質管理について教えて」と聞いたら、

「こんな説明が見つかりました。品質管理は顧客に提供する商品およびサービス
 の品質を向上するための、企業の一連の活動体系」
 
と答えました。おっ、これはだいぶマシです。しかし、どうやらこれはウィキペ
ディアの冒頭部分を読んだだけのようです。

最後に、あまり期待せずにちょっと難しめの質問として、

「アレクサ、ソフトウェアのバグを減らすためにはどうしたら良いと思う?」

と聞いたら、

「すみません、わかりません」と、また謝られました。

現時点では、CMMIやプロセス改善を教える仕事はAIよりも人間に分があるようで
すので、当面はSEPGやコンサルタントの方々の仕事は奪われなくてすみそうです。
もう少し進化したら、セミナーのサブ講師として雇用して、用語とかを解説して
もらうのもいいかなあと、夢を膨らませています。
                                (大久保)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■気づきを得るためのフレームワーク活用
────────────────────────────────────
プロセス改善活動を成功させるには、活動をうまく実施できるかどうかの前に、
まず課題となる改善の芽に気づくことができるかどうかが重要かと思います。

気づくことができる人になるにはどうしたら良いでしょうか。

以前読んだ書籍の中で「バグはなぜ作られるのか?」というコラムがあり、以下
のような解説がありました。

・バグはプログラムのコードに潜んでいる。プログラムを作るプロセスから考え
 ると、仕様書をインプットに、人がコードに落とし、プログラムをアウトプッ
 トしているので、バグは人が作り出していると言える。
・問題は人にあるらしいので、バグを出さないようにするために、人を叱ったり、
 教育したりといった対策が行われる。
・しかし、それだと根本解決にならずに再発する可能性が残る。そこでもう少し
 考え方を広げて、問題を「バグは人が作った」から「なぜ人はバグを作らざる
 を得なかったか」というふうに置き換えて考えてみる。
・すると原因は、プログラムを作成した時のまわりの「環境」にあるのでは、と
 いうことが分かる。時間がなくてしっかりテスト出来なかったとか、仕様書が
 わかりずらかったとか、などに気づく。
・デキる人に共通していることとして、まわりに何があるのかというに気づける
 「視点」を持っている。

このコラムを読んだときに感じたのが、仕事がデキる人が持っているであろう、
まわりに何があるのかに気づける「視点」を得るのに、CMMIのようなベストプラ
クティスを体系的にまとめたフレームワークが役立つのではないか、ということ
でした。

例えば、作成したドキュメントをレビューしたときは、CMMIの関連プロセス領域
のゴールやプラクティスを思い浮かべ、足りない要素に気づいて改善点をあげた
り、自部門のプロジェクト管理やエンジニアリングのあるべき姿を整理する時に
は、CMMIモデルを参考にプロセスの全体像を描いたりできます。

CMMIモデルが体に染み込んでいると、こういったことが非常に高速にできるよう
になります。実際、私自身がそうでした。CMMIを学ぶ前よりも今の方が、何に対
しても多くの気づきが得られるようになりました。

一流の人の気づきを得るために、何か1つフレームワークを極めてみるのが大事
ではないでしょうか。世の中で役立つフレームワークはCMMI以外にもいろいろあ
りますので、自分の肌に合うものを身につけるといいでしょう。

もうすぐ、CMMIの次バージョンであるV2.0がリリースされます。CMMIを今まで学
んでいた人も、これから新たに学ぼうと思っている人も、新しい視点を得られる
良いチャンスですので、取り組んでみてはいかがでしょうか。
                                (大久保)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次号は2月23日配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CMMIおよびSCAMPIは、CMMI研究所の登録商標です。
SEPGおよびIDEALは、カーネギーメロン大学のサービスマークです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

購読はこちらから

CMMI®を実装していくために役立つ情報、CMMI関連のニュースやイベント情報、イベントレポートなどを無料でお届けいたします。また、ソフトウェアプロセス改善についての意見交換の場としても活用していきたいと思っております。
配信は月1回(25日頃)を原則といたします。

まぐまぐによる配信

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
※『まぐまぐ!』から発行しています。

規約に同意して

 

 

メルマ!による配信

melma! 利用規約

大和コンピューターによる配信 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
個人情報の取り扱いに同意して

個人情報の取り扱い

会社の名称
株式会社大和コンピューター
個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者代理人
職 名:メルマガ担当
所 属:コンサルティング部
E-mail:cmmnet@daiwa-computer.co.jp
利用目的
メールマガジンの配信
個人情報を第三者に提供する予定
個人情報の取扱いの委託を行う予定
下記の求めに応じる問合せ窓口
・開示対象個人情報の利用目的の通知
・開示対象個人情報の開示
・開示対象個人情報の訂正、追加又は削除
・開示対象個人情報の利用又は提供の拒否権
受付窓口
メルマガ担当
E-mail:cmmnet@daiwa-computer.co.jp
本人が個人情報を与えることの任意性
任意
当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果
メールが届きません。
本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

お問い合わせ

Copyright® DAIWA COMPUTER CO.,LTD. All Rights Reserved.

JASDAC証券コード:3816 CMMI Partner ISO認証取得 プライバシーマーク付与認定取得