製品・ソリューション

第124号:弱い組織でも強くなれる? ~開成高校野球部に学ぶプロセス改善術~

2014年7月25日発行

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓
┃月刊 銀ノ弾丸★ディスパッチャー      ┏┛Optimizing     ┃
┃≪≪プロセス改善のためのCMMI活用≫≫   ┏┛Quantitatively Managed┃
┃                    ┏┛Defined         ┃
┃発行:(株)大和コンピューター     ┏┛Managed          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━┛
「節電のため」と言っているが、関係のないところでサービスレベルを下げてい
ないか?                (REQM SP 1.3 要件変更を管理する)

CONTENTS
■弱い組織でも強くなれる? ~開成高校野球部に学ぶプロセス改善術~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『CMMI入門コース』
システム・ソフトウェアエンジニアリングの管理者、エンジニア、アプレイザル
チームメンバ、プロセス改善担当者等の方々にCMMIの基礎となるコンセプトをご
紹介するコースです。
 2014年 9月17日(水)~19日(金)の3日間
 2014年11月 5日(水)~ 7日(金)の3日間
メルマガ読者割引あります。申込時にその旨お伝えください。
http://www.daiwa-computer.co.jp/jp/seminar/introv1_3.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
大和コンピューターは、CMMI 開発元である SEI とのパートナー契約の下、SEI
公認の CMMI コースや、CMMI の成熟度レベルを判定する評定手法 SCAMPI によ
るアプレイザル等のサービスをご提供しております。

▼サービス事例
・組織のメンバにCMMIの概要を伝える、トレーニングコース
・現在のプロセスの改善の機会を明らかにする、ギャップ分析
・改善の機会に対する改善策の検討の参加
・標準プロセスや各種テンプレートの作成活動に対する支援
・御社にインストラクタを派遣して実施するSEI公認CMMI入門コース

皆様のニーズに柔軟に対応しておりますので、まずはお気軽に下記までご連絡下
さい。
cmminfo@daiwa-computer.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■弱い組織でも強くなれる? ~開成高校野球部に学ぶプロセス改善術~
────────────────────────────────────
『弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー』という本を読みました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【書名】「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー
   http://tinyurl.com/bceenmj
【著者】高橋 秀実
【出版社】新潮社
【発行】2012年9月28日
【ISBN】978-4104738045
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

TVドラマ化もされ、今年4~6月に放送していたのでご存知の方も多いと思います。

読んでいない人向けに簡単に内容をご紹介すると、
・毎年200人近くも東大に合格者を出す超進学校として有名な開成高校の野球部
 が、実は東京都予選のベスト16に残ることもあるほど強いらしく、その野球部
 が行っているユニークな練習方法や取り組み姿勢を取材ルポ風にまとめたのが
 この本。

・開成高校は学校のグラウンドが狭く、他の部と共有して利用するため、週に1
 回2時間しかグラウンドが使えない。練習時間が少ないがゆえに、圧倒的に守
 備力が低く、下手をするとキャッチボールでさえエラーをするほど。

・そんな彼らが勝つために行っている戦略は、打撃力強化。守備力は練習すれば
 するほど精度が上がるが、その時間がないので大崩しない程度のほどほどの守
 備力があれば良く、その分をひたすら強く振り抜く打撃練習に費やす。10点
 取られても、一気に15点を取る打撃で「ドサクサにまぎれて大量得点」して
 コールド勝ちを狙う。イニングが増えればエラーをするリスクが増えるが、コ
 ールド勝ちでイニングをなくすことで、そもそもエラーをするリスクを回避す
 る。

・打撃は強く振り抜くという方針ができていないと、ヒットを打とうが試合に勝
 とうが監督は激怒し、ヒットでも振りが小さいと「なんだそのスイングは!」、
 三振でも思い切り振ると「ナイス空振り!」と褒める。

という感じで、最初はタイトルに惹かれて何気なく読み始めたのですが、ユーモ
アのある魅力的な文章と、監督の厳しいけど温かみのある、そして時々可笑しい
指導方法に引き込まれて一気に読んでしまいました。

ネット上ではすでにこの本の様々なレビュー記事が上がっていますので、本メル
マガでは、プロセス改善の視点から、彼ら開成高校野球部の取り組みの中で、強
い組織となるためのプロセス改善のヒントとなりそうなことをご紹介してみたい
と思います。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.具体的にイメージできる目標を設定する
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 開成高校野球部が掲げる目標は「甲子園出場」ではなく「強豪校の撃破」。な
 ぜなら、安定した強さがない彼らは、闇雲に甲子園と言っても実感が伴わない
 ので、具体的イメージを持ちやすい「強豪校を撃破」することを目標にしてい
 るとのこと。強豪校を撃破していけば、結果として甲子園に行ける、というこ
 とだそうです。
 
 プロセス改善においても、最終的なゴールを決めただけでは、そこにどのよう
 に辿り着かせるか具体化されていないため、目指すゴールを実現させるために
 その途中の中間ゴールを設定することになります。その中間ゴールの積み重ね
 で最終のゴールを達成させるということです。結果系ゴールと要因系ゴールと
 も言いますが、この場合「甲子園出場」が結果系ゴール、「強豪校撃破」が要
 因系ゴールですね。このように、目指す最終ゴールを達成するためには、より
 具体的な中間ゴールを設定していくと良いでしょう。
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.改善ポイントを見いだせるレベルにプロセスを分解
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 しっかり時間をとって守備練習を行えば自然と体が覚えていくことも、限られ
 た練習時間しかない場合、そうはいかない。そこで、最低限大崩れしない守備
 力を身につけるために彼らがしていることは、守備の行為を「理屈」で覚える
 ことだそうです。どんな理屈かというと、
 ・球を捕る行為には2つの局面がある。1つは「球を追いかける」局面。もう
  1つは「球を捕る局面」。
 ・球を追いかける局面では、球を捕りやすいところに自分が移動する。いつま
  でも追いかけるのではなく、あるタイミングで球を取る局面に切り替える。
 ・球を捕る局面の動作は、常に一定でなければいけない。局面の切り替えが重
  要。切り替えのポイントを正確にすること。
 といったもの。
 
 漠然とその行為全体をとらえるのではなく、確実に成果が出るようにその行為
 を分解し、基準を定義する。出来ていない部分を見なおして、その通り出来る
 ようにしていく。
 
 これはソフトウェア開発においては、作業のプロセスを定義することにあたり
 ますね。プロセスを必要な要素レベルに分解して明確にすることで、作業の属
 人性を低減し、達成度合いを可視化し、改善すべきポイントを明確化すること
 に役立ちます。
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
3.仮説と検証を繰り返して成果を出す
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 少ない練習時間の中で成果を上げるために彼らが行っている策は、練習を「実
 験と研究」と思って取り組むことだそうです。グラウンドは練習する場ではな
 く、実験の場として考えること。
 
 あらかじめ各自が持っている課題に対する対策の「仮説」を立て、それをグラ
 ウンドで「検証」する。例えば「ヒットが打てない」という課題に対して「バ
 ットを短く持って振れば、ヒットが打てる」という仮説を立て、それをグラウ
 ンドで試して検証するなど。結果がでたらそれをフィードバックして次の仮説
 を立てることに利用する。サイクルを回すうちにコツをつかんで体得する。
 
 プロセス改善においても、大きな改善策はまずはパイロット評価し、フィード
 バックを受けて見直して洗練させていき、効果が確認できたら、全体に展開し、
 利用していくという流れで行います。改善策の展開をこのようなプロセスで実
 施していくことで、より早く、より確実に高い成果を出すことが期待できます。
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今年の夏の予選では、ドラマや本の効果で周囲の期待が強すぎたのか、残念なが
ら開成高校は初戦敗退だったようです。

一年ごとに部員の構成が大きく変わる高校の部活動においては、毎年安定した成
果を出すのはやはり難しいのでしょう。皆さんの組織ではそこまで所属人員が変
わることは多くはないとしても、限られたリソースや時間の制約の中で業務を行
っていくことはよくあります。そんな中でも、確実に目標を達成して成功に結び
つけていける組織になれるように、日々工夫して改善に取り組みましょう。

栄冠があなたの組織に輝きますように。
                                (大久保)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次号は8月25日配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(R)CMMおよびCMMIは、カーネギーメロン大学により米国特許商標局に登録されて
います。
(SM)SCAMPIおよびSEI、SEPG、IDEALは、カーネギーメロン大学のサービスマーク
です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人気のある記事

購読はこちらから

CMMI®を実装していくために役立つ情報、CMMI関連のニュースやイベント情報、イベントレポートなどを無料でお届けいたします。また、ソフトウェアプロセス改善についての意見交換の場としても活用していきたいと思っております。
配信は月1回(25日頃)を原則といたします。

まぐまぐ!による配信

読者購読規約

大和コンピューターによる配信 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
個人情報の取り扱いに同意して

個人情報の取り扱い

会社の名称
株式会社大和コンピューター
個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者代理人
職 名:メルマガ担当
所 属:コンサルティング部
E-mail:cmmnet@daiwa-computer.co.jp
利用目的
メールマガジンの配信
個人情報を第三者に提供する予定
個人情報の取扱いの委託を行う予定
下記の求めに応じる問合せ窓口
・開示対象個人情報の利用目的の通知
・開示対象個人情報の開示
・開示対象個人情報の訂正、追加又は削除
・開示対象個人情報の利用又は提供の拒否権
受付窓口
メルマガ担当
E-mail:cmmnet@daiwa-computer.co.jp
・受付窓口までE-mailにてご請求下さい。その際、住所、氏名、電話番号を明示して下さい。
・手続きにあたり、本人または代理人確認のために、運転免許書のコピー、健康保険証のコピー、パスポートのコピー等の確認証書1部をご郵送いただくことがございます。なお、その際、代理人の場合は、代理人を証明する委任状の提出も含めてお願いいたします。
・開示等の求めに伴い取得した個人情報は、その対応に必要な範囲でのみ取り扱うものとします。
本人が個人情報を与えることの任意性
任意
当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果
メールが届きません。
本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

お問い合わせ

Copyright® DAIWA COMPUTER CO.,LTD. All Rights Reserved.

JASDAC証券コード:3816 CMMI Institute Partner CMMI V2.0 成熟度レベル5 ISO認証取得 プライバシーマーク付与認定取得