製品・ソリューション

第165号:網羅性と完全性

2017年12月25日発行

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓
┃月刊 銀ノ弾丸★ディスパッチャー      ┏┛Optimizing     ┃
┃≪≪プロセス改善のためのCMMI活用≫≫   ┏┛Quantitatively Managed┃
┃                    ┏┛Defined         ┃
┃発行:(株)大和コンピューター     ┏┛Managed          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━┛
日本のアニメは外国でも人気だ。仕事で外国に行ったときに「ロボテックを知っ
ているか?」と質問された。「それはもともとは日本のアニメだが、アメリカの
テレビ番組制作会社が3つの日本のアニメを再構成して1つのシリーズになるよ
うに作ったもので、日本では放送されていない」と答えると、「そうそうそう」
と言って、何か熱く語ってくれた。いったい何の話をしているのかと彼の同僚た
ちが質問すると、彼は現地の言葉で説明しだした。私には何を言っているのかよ
くわからなかったが、おそらくマクロスとサザンクロスとモスピーダについて話
しているのであろう。しかしこのタイミングでロボテックの解説をする必要があ
るのか?
                     (PI SP 1.1 統合戦略を確立する)

CONTENTS
■Capability Counts 2018 スーパーアーリーバード 12月31日まで
■網羅性と完全性


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『CMMI入門コース』
ハイテクシステム、コンシューマーソフトウェア、またはITハードウェアを開発
しているかどうかにかかわらず、最高品質の製品を納期を遵守して顧客に届くよ
うにしなければなりません。このコースでは、『開発のためのCMMI』を使用して
組織の製品開発作業の有効性、効率性、品質を向上させる方法を学びます。
B) 2018年 2月19日(月)~21日(水)の3日間
C) 2018年 5月21日(月)~23日(水)の3日間
メルマガ読者割引あります。申込時にその旨お伝えください。
http://www.daiwa-computer.co.jp/jp/seminar/introv1_3.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
大和コンピューターは、CMMI研究所とのパートナ契約の下、公認のCMMIコースや、
CMMIの成熟度レベルを判定する評定手法SCAMPIによるアプレイザル等のサービス
をご提供しております。

▼サービス事例
・組織のメンバにCMMIの概要を伝える、トレーニングコース
・現在のプロセスの改善の機会を明らかにする、ギャップ分析
・改善の機会に対する改善策の検討の参加
・標準プロセスや各種テンプレートの作成活動に対する支援
・御社にインストラクタを派遣して実施するCMMI研究所公認CMMI入門コース

皆様のニーズに柔軟に対応しておりますので、まずはお気軽に下記までご連絡下
さい。
http://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/inquiries/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Capability Counts 2018 スーパーアーリーバード 12月31日まで
────────────────────────────────────
Capability Counts 2018 のスーパーアーリーバードの期限が迫っています。
スーパーアーリーバード料金で申し込めるのは2017年12月31日までです。

Capability Countsとは、いろいろなバックグラウンドや経験をもったプロセス
改善に携わる人たちが世界中から何百人と集まるカンファレンスです。数多くの、
ワークショップや基調講演、インタラクティブなセッションなどがあります。

【日程】2018年5月1日~2日
【場所】バージニア州レストン

・スーパーアーリーバード料金
 1299ドル(2017年12月31日まで)
・アーリーバード料金
 1499ドル(2017年3月2日まで)
・レギュラー料金
 1699ドル(2018年5月1日まで)

Capability Counts 2018の詳しい情報はこちらから
http://cmmiinstitute.com/conferences#registration
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■網羅性と完全性
────────────────────────────────────
成果物統合(PI)のSP 2.1の網羅性と完全性とは何かと質問を受けた。

PI SP 2.1 インタフェース記述の網羅性と完全性をレビューする。
(Review interface descriptions for coverage and completeness.)


CMMIはもともとは英語で記述されているので、英語で考えたほうがわかりやすい。
英語では、「網羅性」は「coverage」で、「完全性」は「completeness」である。

英辞郎で調べた。

coverage
【名】
1.〔ニュースなどの〕報道、取材(範囲)、放送
 ・We had a lot of press coverage. : (この件については)あちこちの新聞
 で発表しました。
 ・Our chief Washington correspondent Bob Smith begins the coverage. :
 ワシントン支局の首席記者、ボブ・スミスが取材の内容をお伝えします。
2.〔携帯電話や無線LANなどの〕受信地域、受信[受像]可能範囲サービスエリ
 ア
3.対象、範囲
4.〈米〉〔保険会社が保険加入者に支払う〕補償(の範囲)◆【同】〈英〉cover
5.被覆率
6.《印刷》画線比率


まったくわかった気がしないが、英語と日本語の訳は1対1ではないので、こうい
うことはよくある。言葉にできないだいだいの雰囲気をつかむことが重要である。
役に立ちそうなのは、対象、範囲、被覆率ぐらいか。


completeness
【名】
完全性、網羅性


わかりにくいはずだ。completenessは完全性であり網羅性でもあるのだ。


英和に失望したときは、英英辞典だ。COBUILD Learner's Dictionaryで調べた。

complete
If something is complete, it contains all the parts that it should
contain. No garden is complete without a bed of rose bushes.

completeness
....the accuracy and completeness of the information obtained.

完全性のほうは、必要なパーツ(部品)を全部含んでいるかどうかを気にしている
ようだ。

coverage
The coverage of something in the news is the reporting of it.
....TV coverage of college football.

これは今回は参考にならない。


次にサブプラクティスを見る。

網羅性と完全性に関する記述があるのはひとつだけ。

「1. インタフェースのデータの完全性をレビューし、すべてのインタフェース
の完全な網羅性を確保する。」

プラクティスと少し違う

「インタフェース記述の網羅性と完全性をレビューする」のではなく、レビュー
するのは、「インタフェースのデータの完全性」で、網羅性はレビューするので
はなく、「すべてのインタフェースの完全な網羅性を確保する」とある。

ゴールも読む。

「SG2 成果物構成要素の内部および外部のインタフェースに両立性がある。
成果物統合の多くの問題は、内部および外部インタフェースの未知のあるいは制
御されていない側面から生じる。成果物構成要素のインタフェース要件、仕様、
および設計の効果的な管理は、実装されるインタフェースの完全さと両立性を確
保するのに役立つ。」

ゴールとその付近の文章から考えると、「インタフェース記述の網羅性と完全性
をレビューする」のは、内部および外部インタフェースの未知のあるいは制御さ
れていない側面から生じる問題を起こさないようにするためだ。


上記の情報をまとめると次のようになる。

・インタフェース記述の網羅性をレビューするとは、すべてのインタフェースが
 記述されていることを確実にするためレビューすること。

・インタフェース記述の完全性をレビューするとは、インタフェースのデータの
 記述に含まれるべきものがすべて含まれているかレビューすること。

網羅性と完全性に関する理解がすこしは深まったであろうか。

CMMIの日本語訳は難解である。理解しにくいところは、このように英語の意味を
調べたり、サブプラクティスやゴールなど関係するところの記述を読んだりして、
読み解くのもひとつの方法である。
                                 (穴田)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次号は1月25日配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CMMIおよびSCAMPIは、CMMI研究所の登録商標です。
SEPGおよびIDEALは、カーネギーメロン大学のサービスマークです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

購読はこちらから

CMMI®を実装していくために役立つ情報、CMMI関連のニュースやイベント情報、イベントレポートなどを無料でお届けいたします。また、ソフトウェアプロセス改善についての意見交換の場としても活用していきたいと思っております。
配信は月1回(25日頃)を原則といたします。

まぐまぐによる配信

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
※『まぐまぐ!』から発行しています。

規約に同意して

 

 

メルマ!による配信

melma! 利用規約

大和コンピューターによる配信 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
個人情報の取り扱いに同意して

個人情報の取り扱い

会社の名称
株式会社大和コンピューター
個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者代理人
職 名:メルマガ担当
所 属:コンサルティング部
E-mail:cmmnet@daiwa-computer.co.jp
利用目的
メールマガジンの配信
個人情報を第三者に提供する予定
個人情報の取扱いの委託を行う予定
下記の求めに応じる問合せ窓口
・開示対象個人情報の利用目的の通知
・開示対象個人情報の開示
・開示対象個人情報の訂正、追加又は削除
・開示対象個人情報の利用又は提供の拒否権
受付窓口
メルマガ担当
E-mail:cmmnet@daiwa-computer.co.jp
本人が個人情報を与えることの任意性
任意
当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果
メールが届きません。
本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

お問い合わせ

Copyright® DAIWA COMPUTER CO.,LTD. All Rights Reserved.

JASDAC証券コード:3816 CMMI Partner ISO認証取得 プライバシーマーク付与認定取得