製品・ソリューション

第218号:CMMI Partner Workshopでの新情報:CMMI V2.3など

2022年5月25日発行

[cmm]銀ノ弾丸ディスパッチャー:CMMI Partner Workshopでの新情報:CMMI V2.3など
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓
┃月刊 銀ノ弾丸★ディスパッチャー      ┏┛Optimizing     ┃
┃≪≪プロセス改善のためのCMMI活用≫≫   ┏┛Quantitatively Managed┃
┃                    ┏┛Defined         ┃
┃発行:(株)大和コンピューター     ┏┛Managed          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━┛
アーニャピーナッツが好き
    (DAR 2.5 基準と手法を使用してソリューションを評価し、選定する。)

CONTENTS
■CMMI Partner Workshopでの新情報:CMMI V2.3など


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『CMMI Institute公式 CMMI V2.0アップグレードトレーニング』
このトレーニングでは、CMMI V2.0モデル構造の主要コンポーネント、および
CMMI V1.3とCMMI V2.0の主な違いについて説明します。
日時:2022年 6月17日(金) 9:30~17:30
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/seminar/v2_0upgrade
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『CMMI Institute公式 CMMI入門コースV2.0(FOC+BDE)』
このコースは、CMMI Development V2.0に関する以下の2つのCMMI Institute公式
コースを組み合わせて計3日間で提供するものです。
・Foundations of Capability(能力の基礎)コース
・Building Development Excellence(卓越した開発力構築)コース
日時:2022年 7月20日(水)~22日(金)9:30~17:30
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/seminar/introv2_0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『5分でできる! ソフトウエア開発プロジェクトCMMI V2.0 セルフチェック』
CMMIに照らして、自社のソフトウェア開発プロジェクトの状況が簡単にチェック
できます。
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/cmmiselfchk2/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
大和コンピューターは、CMMI Instituteとのパートナ契約の下、公式のCMMIコー
スや、CMMIの成熟度レベルを判定するアプレイザル等のサービスをご提供してお
ります。

▼サービス事例
・組織のメンバにCMMIの概要を伝える、トレーニングコース
・現在のプロセスの改善の機会を明らかにする、ギャップ分析
・改善の機会に対する改善策の検討の参加
・標準プロセスや各種テンプレートの作成活動に対する支援
・御社にインストラクタを派遣して実施するCMMI Institute公式CMMI入門コース

皆様のニーズに柔軟に対応しておりますので、まずはお気軽に下記までご連絡下
さい。
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/inquiries
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■CMMI Partner Workshopでの新情報:CMMI V2.3など
────────────────────────────────────
2022年5月3日に米国ルイジアナ州ニューオーリンズで開催されたISACA主催のイ
ベントであるCMMI Partner Workshopに参加しました。

といっても現地には行けず、日本から夜10時半から早朝まで眠い目をこすりなが
らリモートでの参加です。

弊社のようなCMMIパートナー向けの情報提供やディスカッションが主体でしたが、
当メルマガ読者のCMMIユーザーにも役立つ新情報がいくつかありましたので、簡
単にご紹介します。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMIの利用数
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2021年に行われたCMMIアプレイザル実施件数は4063件、公式セミナー受講人数も
19873人で過去最高を記録しました。

4063件のアプレイザル数のうち、中国が3054件でダントツの利用数です。次いで
米国が515件、インドが171件で、日本は10件とのことでした。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
パフォーマンスレポートサマリー2022
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMI V2.0のアプレイザルでは、対象組織の実績目標の達成状況をパフォーマン
スレポートまとめ、組織のスポンサーやISACAに提出します。

そのレポートの2019年までのサマリーがISACAのサイトにて公開されていますが、
2021年までのデータをもとにその最新版が現在作成中であり、6月か7月に公開さ
れる予定とのことです。

Workshopで説明があった一部のデータを紹介します。
・2019~2021年にパフォーマンスレポートが提出された4889件のうち、アプレイ
 ザル種類別の内訳は、ベンチマーク評定が4714件、持続評定が2件、評価評定
 が35件、医療用のMDDAPが138件。

・ビューの種類別および供給者合意管理(SAM)の適用有無別のアプレイザル件数
 の一部抜粋:
  CMMI-DEV 成熟度レベル3 SAMなし 3244件
  CMMI-DEV 成熟度レベル3 SAMあり  323件
  CMMI-DEV 成熟度レベル5 SAMなし  730件
  CMMI-DEV 成熟度レベル5 SAMあり   47件
  CMMI-SVC 成熟度レベル3 SAMなし  229件
  CMMI-SVC 成熟度レベル3 SAMあり  158件
  CMMI-SPM 成熟度レベル2            1件
 
 開発がやはり一番多く実施されており、次いでサービスが多いようです。
 SPMはほとんど利用されていないですね。
 SAM適用なしの件数が思っていたより多い印象です。
 
・提出された実績目標のうち、目標を完全に達成したのは81.22%とのことでした。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMIモデルのドメイン構成変更とCMMI V2.3
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMIモデルは2018年リリースのV2.0以降、開発、サービス、供給者管理等、いく
つかのドメインがひとつのモデルに統合され、自分たちが適用するものをビュー
という形で選択して利用する形式となっています。

2021年リリースのV2.2では安全性やセキュリティというドメインが追加され、今
後のアップデートでさらにドメインの追加が予定されています。

ドメインがたくさん並列に列挙されて複雑化するのを避けるためか、現在主流の
開発とサービスの2つをプライマリードメインとし、あまり利用されていないそ
の他をサブドメインとしてまとめる構成の変更が予定されています。

これは、次のバージョンであるCMMI V2.3で対応され、2022年後半にリリース予
定とのこと。

CMMI V2.3ではその他に以下のような対応が検討されているようです。
・Data Managementのサブドメインの追加
・People Managementのサブドメインの追加
・DevSecOpsのコンテキスト固有情報の追加
・100個超の残作業リストの対応

公式セミナーも、現在の能力の基礎コース(FOC:Foundations of Capability)と、
その他のドメインごとのエクセレンスコース(BDEやBSEコース)に分割された構成
を統合・整理していくことが検討されているようで、こちらは2023年にリリース
されるようです。

その他の関連システムや評定手法、試験や認証の仕組みなども、あわせて見直し
がされていきます。

来年2023年にCMMIセミナー受講やアプレイザルを準備されている組織は、この
アップデートの影響がありそうですので、気にしておく必要がありそうです。

CMMI V2.2もまだ未対応なのにもうV2.3が出るのか、要求事項の対応が大変だ、
と思う方もいらっしゃると思いますが、今回発表された情報を聞く限り、V2.3で
はやるべき要求事項が増えるというより、改善の参考になる要素が増え、より使
いやすくなるのではないかという印象を持っています。期待して待ちたいと思い
ます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMI Tech Talks動画
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMI Tech TalksというCMMIユーザーにとって役立ちそうな動画が公開されまし
た。

現在、下記の2本の動画がYoutubeで視聴できます。
・The Performance Report - https://youtu.be/hg7FVLjq_YE
  パフォーマンスレポートの解説動画です。

・How to Appraise Small vs Large Organizations -
 https://youtu.be/TIXurK_KXfk
  小規模と大規模のアプレイザルの比較解説です。

言語は英語ですが、わりと聞きやすいので理解しやすいのではないかと思います。

それでも英語だけだとしんどいという方は、Youtubeの機能で、動画の下の歯車
ボタンから、字幕→英語自動生成→自動翻訳→日本語と設定すると、簡易的な日
本語字幕も表示できます。確認したところ、自動翻訳とは思えないほどかなり正
確に訳されます。便利な世の中になりました。

今後もCMMI Tech Talks動画は増えていく予定のようです。CMMIユーザーにとっ
ては参考情報が増えるのはありがたいですね。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

以上です。ここ数年で弊社のCMMIコンサルティングや公式セミナーを受講された
方にはご案内させて頂いておりますが、6月に弊社で予定しているカスタマー向
けイベントでCMMI最新情報についてさらにご紹介する予定ですので、参加される
方はお楽しみに。
                                (大久保)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次号は6月24日配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CMMIおよびSCAMPIは、CMMI Instituteの登録商標です。
SEPGおよびIDEALは、カーネギーメロン大学のサービスマークです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月刊 銀ノ弾丸ディスパッチャー  (毎月25日発行)
編集責任者:今森由佳
発行:株式会社大和コンピューター https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/
登録/解除+バックナンバー:
 https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/mailmagazine/
ご意見・お問い合わせ:
 https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/inquiries
本メールは、Windows をお使いの方は MSゴシック、Macintosh をお使いの方は
Osaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
────────────────────────────────────
 Copyright (C)2004-2022 Daiwa Computer Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人気のある記事

購読はこちらから

CMMI®を実装していくために役立つ情報、CMMI関連のニュースやイベント情報、イベントレポートなどを無料でお届けいたします。また、ソフトウェアプロセス改善についての意見交換の場としても活用していきたいと思っております。
配信は月1回(25日頃)を原則といたします。

まぐまぐ!による配信

読者購読規約

大和コンピューターによる配信 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
個人情報の取り扱いに同意して

個人情報の取り扱い

会社の名称
株式会社大和コンピューター
個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者代理人
職 名:メルマガ担当
所 属:コンサルティング部
連絡先:〒108-0071 東京都港区白金台2-25-7
電 話:03-3440-1110
利用目的
メールマガジンの配信
個人情報を第三者に提供する予定
個人情報の取扱いの委託を行う予定
下記の求めに応じる問合せ窓口
・開示対象個人情報の利用目的の通知
・開示対象個人情報の開示
・開示対象個人情報の訂正、追加又は削除
・開示対象個人情報の利用又は提供の拒否権
受付窓口
メルマガ担当
連絡先:〒108-0071 東京都港区白金台2-25-7
電 話:03-3440-1110
・受付窓口まで郵便または電話にてご請求下さい。その際、住所、氏名、電話番号を明示して下さい。
・手続きにあたり、本人または代理人確認のために、運転免許書のコピー、健康保険証のコピー、パスポートのコピー等の確認証書1部をご郵送いただくことがございます。なお、その際、代理人の場合は、代理人を証明する委任状の提出も含めてお願いいたします。
・開示等の求めに伴い取得した個人情報は、その対応に必要な範囲でのみ取り扱うものとします。
本人が個人情報を与えることの任意性
任意
当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果
メールが届きません。
本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

お問い合わせ

Copyright® DAIWA COMPUTER CO.,LTD. All Rights Reserved.

ISO認証取得 ISO14001認証取得 ISO27001認証取得 プライバシーマーク付与認定取得 JASDAC証券コード:3816 CMMI Institute Partner CMMI V2.0 成熟度レベル5