製品・ソリューション

第213号:CMMI V2.2で変更されたプラクティス文

2021年12月24日発行

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓
┃月刊 銀ノ弾丸★ディスパッチャー      ┏┛Optimizing     ┃
┃≪≪プロセス改善のためのCMMI活用≫≫   ┏┛Quantitatively Managed┃
┃                    ┏┛Defined         ┃
┃発行:(株)大和コンピューター     ┏┛Managed          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━┛
私がイデオンから得た教訓は「触らぬ神に祟りなし」ということです。
     (II 3.3 プロセス関連の情報またはプロセス資産を組織へ提供する。)

CONTENTS
■CMMI V2.2で変更されたプラクティス文


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『CMMI Institute公式 CMMI入門コースV2.0(FOC+BDE)』
CMMI V2.0に関するCMMI Institute公式コースである「Foundations of
Capability(能力の基礎)」と「Building Development Excellence(卓越した開発
力構築)」の2コースを組み合わせて提供するもので、CMMI V2.0のコアとなる要
素と開発の領域についての基礎をご紹介いたします。
日時:2022年 3月 9日(水)~11日(金) 9:00~17:30
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/seminar/introv2_0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『5分でできる! ソフトウエア開発プロジェクトCMMI V2.0 セルフチェック』
CMMIに照らして、自社のソフトウェア開発プロジェクトの状況が簡単にチェック
できます。
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/cmmiselfchk2/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
大和コンピューターは、CMMI Instituteとのパートナ契約の下、公式のCMMIコー
スや、CMMIの成熟度レベルを判定するアプレイザル等のサービスをご提供してお
ります。

▼サービス事例
・組織のメンバにCMMIの概要を伝える、トレーニングコース
・現在のプロセスの改善の機会を明らかにする、ギャップ分析
・改善の機会に対する改善策の検討の参加
・標準プロセスや各種テンプレートの作成活動に対する支援
・御社にインストラクタを派遣して実施するCMMI Institute公式CMMI入門コース

皆様のニーズに柔軟に対応しておりますので、まずはお気軽に下記までご連絡下
さい。
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/inquiries
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■CMMI V2.2で変更されたプラクティス文
────────────────────────────────────
CMMI V2.2を使用していますか?

日本語版のCMMIはV2.1です。現時点ではV2.2の日本語版はありません。

CMMI V2.2での主な変更点は、安全性、セキュリティ、仮想ソリューション配信
に関連するプラクティス領域が追加されたことや、供給者合意管理(SAM)が中核
プラクティス領域でなくなったことですが、それ以外にも細かい変更があります。

今回は、既存のプラクティス領域でプラクティス文が変更しているものを紹介し
ます。

GOV 2.1
変更前
Senior management defines, keeps updated, and communicates
organizational directives for process implementation and improvement
based on organization needs and objectives.

変更後
Senior management defines, keeps updated, and communicates
organizational directives for process implementation and performance
improvement based on organization needs and objectives.

「improvement」の前に「performance」が追加されました。プロセスの実装と実
績改善の組織方針を定義してください。

GOV 2.4
変更前
Senior management holds people accountable for adhering to organization
directives and achieving process implementation and improvement
objectives.

変更後
Senior management assigns authority and holds people accountable for
adhering to organization directives and achieving process implementation
and performance improvement objectives.

「assigns authority」が追加されました。権限を割り当ててください。そして
GOV 2.1と同じく「improvement」の前に「performance」が追加されました。

MPM 3.1
変更前
Develop, keep updated, and use organizational measurement and
performance objectives traceable to business objectives.

変更後
Develop, keep updated, and use the organization's measurement and
performance objectives traceable to business objectives.

「organizational」が「the organization's」に変更されました。日本語ではど
ちらも「組織の」です。

MPM 5.3
変更前
Select and implement improvement proposals, based on the statistical and
quantitative analysis of the expected effect of proposed improvements on
meeting business, quality, and process performance objectives.

変更後
Select and implement improvement proposals based on the statistical and
quantitative analysis of the expected effect of proposed improvements on
meeting business, quality, and process performance objectives.

最初のコンマが削除されました。日本語訳に影響ないでしょう。

PLAN 3.2
変更前
Develop a plan and keep it updated, using the project process, the
organization’s process assets, and the measurement repository.

変更後
Develop a plan and keep it updated using the project process, the
organization’s process assets, and the measurement repository.

最初のコンマが削除されました。これも日本語訳に影響ないでしょう。

PQA 2.2
変更前
Throughout the project, objectively evaluate selected performed
processes and work products against the recorded process and applicable
standards.

変更後
Objectively evaluate selected performed processes and work products
against the recorded process and applicable standards.

「Throughout the project,」が削除されました。日本語訳の「プロジェクト全
体を通して、」の部分が無くなることになります。

STSM 3.1
変更前
Develop, keep updated, and use the set of organizational standard
services and service levels.

変更後
Develop, keep updated, and use the set of organizational standard
service descriptions and service levels.

「descriptions」が追加されました。活動の例ではもともと「標準サービス記述」
でしたので、それに合わせたのでしょう。

既存のプラクティス文が変更されたのは以上です。この他にも追加の必要情報や
意図等に変更があったところもありますので、詳細を知りたい場合は、モデルを
確認してください。
                                 (穴田)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次号は1月25日配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CMMIおよびSCAMPIは、CMMI Instituteの登録商標です。
SEPGおよびIDEALは、カーネギーメロン大学のサービスマークです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
月刊 銀ノ弾丸ディスパッチャー (毎月25日発行)
編集責任者:今森由佳
発行:株式会社大和コンピューター https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/
登録/解除+バックナンバー:
 https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/mailmagazine/
ご意見・お問い合わせ:
 https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/inquiries
本メールは、Windows をお使いの方は MSゴシック、Macintosh をお使いの方は
Osaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。
────────────────────────────────────
 Copyright (C)2004-2021 Daiwa Computer Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人気のある記事

購読はこちらから

CMMI®を実装していくために役立つ情報、CMMI関連のニュースやイベント情報、イベントレポートなどを無料でお届けいたします。また、ソフトウェアプロセス改善についての意見交換の場としても活用していきたいと思っております。
配信は月1回(25日頃)を原則といたします。

まぐまぐ!による配信

読者購読規約

大和コンピューターによる配信 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
個人情報の取り扱いに同意して

個人情報の取り扱い

会社の名称
株式会社大和コンピューター
個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者代理人
職 名:メルマガ担当
所 属:コンサルティング部
連絡先:〒108-0071 東京都港区白金台2-25-7
電 話:03-3440-1110
利用目的
メールマガジンの配信
個人情報を第三者に提供する予定
個人情報の取扱いの委託を行う予定
下記の求めに応じる問合せ窓口
・開示対象個人情報の利用目的の通知
・開示対象個人情報の開示
・開示対象個人情報の訂正、追加又は削除
・開示対象個人情報の利用又は提供の拒否権
受付窓口
メルマガ担当
連絡先:〒108-0071 東京都港区白金台2-25-7
電 話:03-3440-1110
・受付窓口まで郵便または電話にてご請求下さい。その際、住所、氏名、電話番号を明示して下さい。
・手続きにあたり、本人または代理人確認のために、運転免許書のコピー、健康保険証のコピー、パスポートのコピー等の確認証書1部をご郵送いただくことがございます。なお、その際、代理人の場合は、代理人を証明する委任状の提出も含めてお願いいたします。
・開示等の求めに伴い取得した個人情報は、その対応に必要な範囲でのみ取り扱うものとします。
本人が個人情報を与えることの任意性
任意
当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果
メールが届きません。
本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

お問い合わせ

Copyright® DAIWA COMPUTER CO.,LTD. All Rights Reserved.

ISO認証取得 ISO14001認証取得 ISO27001認証取得 プライバシーマーク付与認定取得 JASDAC証券コード:3816 CMMI Institute Partner CMMI V2.0 成熟度レベル5