製品・ソリューション

第188号:CMMI V2.0のトレーニングは何を受ければよいのか

2019年11月25日発行

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓
┃月刊 銀ノ弾丸★ディスパッチャー      ┏┛Optimizing     ┃
┃≪≪プロセス改善のためのCMMI活用≫≫   ┏┛Quantitatively Managed┃
┃                    ┏┛Defined         ┃
┃発行:(株)大和コンピューター     ┏┛Managed          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━┛
やらされ感を気にしているSEPGは、とりあえず新幹線に乗って英語のアナウンス
を聞いて、どっちがやらされ感に溢れているか確認してみよう。
               (CAR 2.1 分析のために実施結果を選定する。)

CONTENTS
■CMMI V2.0のトレーニングは何を受ければよいのか


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『CMMI研究所公認 CMMI入門コース V2.0』
CMMI V2.0に関するCMMI研究所公認コースである「Foundations of Capability(
能力の基礎)」と「Building Development Excellence(卓越した開発力構築)」の
2コースを組み合わせて提供するもので、CMMI V2.0のコアとなる要素と開発の領
域についての基礎をご紹介いたします。
日程:2019年12月16日(月)~18日(水)
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/seminar/introv2_0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『CMMI研究所公認 CMMI入門コースv1.3』
システム・ソフトウェアエンジニアリングの管理者、エンジニア、アプレイザル
チームメンバ、プロセス改善担当者等の方々にCMMIの基礎となるコンセプトをご
紹介するコースです。
日程:2020年 1月22日(水)~24日(金)
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/seminar/introv1_3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
大和コンピューターは、CMMI研究所とのパートナ契約の下、公認のCMMIコースや、
CMMIの成熟度レベルを判定する評定手法SCAMPIによるアプレイザル等のサービス
をご提供しております。

▼サービス事例
・組織のメンバにCMMIの概要を伝える、トレーニングコース
・現在のプロセスの改善の機会を明らかにする、ギャップ分析
・改善の機会に対する改善策の検討の参加
・標準プロセスや各種テンプレートの作成活動に対する支援
・御社にインストラクタを派遣して実施するCMMI研究所公認CMMI入門コース

皆様のニーズに柔軟に対応しておりますので、まずはお気軽に下記までご連絡下
さい。
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/inquiries
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■CMMI V2.0のトレーニングは何を受ければよいのか
────────────────────────────────────
CMMI V2.0モデルの公式日本語訳版が2019年7月にリリースされてから、V2.0にも
取り組みやすくなりました。弊社で主催しているCMMI V2.0関連トレーニングの
受講者も徐々に増えてきております。

CMMI V2.0に初めて取り組む際は、まずはモデルや関連資料を入手して自力で学
習するか、CMMIのトレーニングを受講してCMMIの理解を深めることから始めるこ
とになるでしょう。

ただ、CMMI V2.0のモデルの入手方法やトレーニングの受け方には何種類かの方
法が存在し、自分がどの方法をとるのが最適なのか判断が難しいからか、以下の
ような問合せをいただくことがあります。

・CMMI V2.0のモデルをどのように入手するか
・V2.0の公式トレーニングには何があるのか
・V1.2入門コースまでは受講済みだが、V2.0アップグレードトレーニングは受講
 できるのか

過去のメルマガでも新情報が出る度に少しずつご紹介しておりましたが、今回は
情報を整理してみたいと思います。

自身のニーズや状態に応じて、どのようにCMMI V2.0の学習に取り組むか、モデ
ルをどのように入手するか、どのトレーニングを受講したらよいかなどの情報を
下記のようにまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMI V2.0のことは知りたいけど、お金はかけたくない
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMI Instituteのサイトで、CMMI V2.0のプラクティスを参照できる無料の「モ
デル早わかり」というガイドが公開されています。
https://cmmiinstitute.com/cmmi-v2-0-model-at-a-glance-(japanese)

また、当メルマガでもCMMI V2.0の情報をよく紹介しております。

まずはこのあたりの情報から学習を始めてみてはいかがでしょうか。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
モデルを購入して自力で学習したい
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMI Instituteのサイトから申し込んで購入してください。何種類か購入方法が
あります。

●お金はかかってもフルコンテンツを利用したい
 オンラインビュアーの年間ライセンスを購入してください。
 https://cmmiinstitute.com/products/cmmi/cmmi-v2-products
 CMMI V2.0モデルをオンライン上で参照して利用する環境が1年間利用できるサ
 ブスクリプションのライセンスです。各言語のモデルPDFもダウンロードでき
 るようになり、修正版がリリースされれば、その都度入手できます。一年ごと
 に更新が必要ですが、長くCMMI V2.0を利用する場合は、こちらのライセンス
 をご購入ください。

●安くモデルを入手したい(英語でもよい)
 モデルのPDF(英語版)が$150で購入できます。一度入手すれば継続利用が可能
 ですが、オンラインビュアーと異なり、内容が更新されても修正版は入手でき
 ません。
 https://cmmiinstitute.com/store/cmmi-model-pdf

●安くモデルを入手したい(日本語じゃなきゃ困る)
 モデルのPDF(日本語版)を$150で購入できます。
 https://tinyurl.com/yy8p7a33

●個人ではなく、企業でまとめて複数ライセンスを購入したい
 エンタープライズライセンスの購入を検討ください。利用方法や価格体系など
 は以前のメルマガでご紹介したことがありますので参照ください。
 https://tinyurl.com/t5xj4xt

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
公式トレーニングを受講したい
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●CMMI入門コースを過去に受講したことはない
 CMMI入門コースV2.0の受講をご検討ください。
 https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/seminar/introv2_0
 
 弊社ではこのセミナーをCMMI入門コースV2.0と呼称して提供しておりますが、
 正確には以下の2種類の公式トレーニングを組み合わせたものになります。
 
 - Foundations of Capability(FOC:能力の基礎)コース
 - Building Development Excellence(BDE:卓越した開発力構築)コース
 
 FOCは2日間、BDEは1日間で実施します。この2つのコースを受講することで、
 CMMI Development V2.0のアプレイザルチームに参加する条件の一部を満たす
 ことができます。
 
●CMMI入門コースV1.3を受講済みである
 CMMI V2.0アップグレードトレーニングの受講が可能です。Eラーニングと、講
 師が教える1日コースの2種類の受講方法があります。
 
 ○英語でもいいから、なるべく安くアップグレードしたい
  CMMI Instituteのサイトで受講するEラーニング($600)を検討ください。
  https://cmmiinstitute.com/store/cmmi-v2_0-upgrade-training
 
 ○少し値段が上がっても日本語で受講したい
  講師が教える1日コースの受講を検討ください。弊社のコースはこちら。
  https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/seminar/v2_0upgrade
 
●CMMI入門コースV1.1または1.2を受講済みで、CMMI V1.3までのアップグレード
 も済んでいる
 
 この場合、上記と同様にCMMI V2.0アップグレードトレーニングの受講が可能
 です。
 
●CMMI入門コースV1.1または1.2を受講済みだが、CMMI V1.3までのアップグレー
 ドが済んでいない、またはわからない
 
 CMMI V2.0アップグレードトレーニング受講の前提条件を満たしていない可能
 性があります。過去の受講履歴を確認し、満たしていない場合は、CMMI入門コ
 ースV2.0の受講をご検討ください。
 
 CMMI V2.0アップグレードトレーニング受講の前提条件は以下です。
  1.CMMI入門コースV1.3を修了済みであること、または、
  2.CMMI入門コースV1.2を修了し、V1.3のアップグレードが済んでいること、
   または、
  3.CMMI入門コースV1.1を終了し、V1.2のアップグレードと、V1.3のアップ
   グレードが済んでいること
 
 V2.0アップグレードトレーニングに申し込むと、受講前にこの前提条件のチェ
 ックが行われます。システム上で過去に受講したトレーニングの履歴データと
 の照合が行われるのですが、名前や所属会社名、メールアドレスに違いがある
 と、前提条件を満たさないと判断されることがあります。
 
 弊社で開催したコースでも、実際は前提条件を満たしているはずが、チェック
 にひっかかった方が多数いらっしゃいましたので、受講前に過去の受講履歴を
 可能な限り確認しておきましょう。
  
●CMMI入門コースV1.2を受講済なので、CMMI V1.3のアップグレードトレーニ
 ングを受講してから、V2.0のアップグレードトレーニングを受講したい
 
 現在、CMMI V1.3のアップグレードトレーニングが終了しておりますので、こ
 の手段はとれません。CMMI入門コースV2.0の受講をご検討ください。
 
 以前のメルマガで、CMMI V1.3のアップグレードトレーニングに相当するコー
 スとして「Fundamentals of CMMI」のEラーニングコース($500)があると紹介
 したことがありますが、このコースはV1.3アップグレードの役割はなくなって
 しまったようです。
 
 現在、V1.3アップグレードに相当するコースは存在せず、V1.2までの修了者が
 V1.3にアップグレードするには、CMMI入門コースV1.3を受講する必要があると
 CMMI Isntituteはアナウンスしています。
 
 V2.0へアップグレードするのが目的の場合、CMMI入門コースV1.3を経由するの
 はコスト高になりますので、V1.2コース修了者はCMMI入門コースV2.0を直接受
 講するほうがよいと思われます。
 
 詳しくは、CMMI Instituteの下記サポートページのエントリーを参照ください。
 https://tinyurl.com/qpmz2ru
                                (大久保)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次号は12月25日配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CMMIおよびSCAMPIは、CMMI研究所の登録商標です。
SEPGおよびIDEALは、カーネギーメロン大学のサービスマークです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人気のある記事

購読はこちらから

CMMI®を実装していくために役立つ情報、CMMI関連のニュースやイベント情報、イベントレポートなどを無料でお届けいたします。また、ソフトウェアプロセス改善についての意見交換の場としても活用していきたいと思っております。
配信は月1回(25日頃)を原則といたします。

まぐまぐ!による配信

読者購読規約

大和コンピューターによる配信 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
個人情報の取り扱いに同意して

個人情報の取り扱い

会社の名称
株式会社大和コンピューター
個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者代理人
職 名:メルマガ担当
所 属:コンサルティング部
E-mail:cmmnet@daiwa-computer.co.jp
利用目的
メールマガジンの配信
個人情報を第三者に提供する予定
個人情報の取扱いの委託を行う予定
下記の求めに応じる問合せ窓口
・開示対象個人情報の利用目的の通知
・開示対象個人情報の開示
・開示対象個人情報の訂正、追加又は削除
・開示対象個人情報の利用又は提供の拒否権
受付窓口
メルマガ担当
E-mail:cmmnet@daiwa-computer.co.jp
・受付窓口までE-mailにてご請求下さい。その際、住所、氏名、電話番号を明示して下さい。
・手続きにあたり、本人または代理人確認のために、運転免許書のコピー、健康保険証のコピー、パスポートのコピー等の確認証書1部をご郵送いただくことがございます。なお、その際、代理人の場合は、代理人を証明する委任状の提出も含めてお願いいたします。
・開示等の求めに伴い取得した個人情報は、その対応に必要な範囲でのみ取り扱うものとします。
本人が個人情報を与えることの任意性
任意
当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果
メールが届きません。
本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

お問い合わせ

Copyright® DAIWA COMPUTER CO.,LTD. All Rights Reserved.

JASDAC証券コード:3816 CMMI Institute Partner CMMI V2.0 成熟度レベル5 ISO認証取得 プライバシーマーク付与認定取得