製品・ソリューション

第180号:CMMI V2.0アップグレードトレーニングとCMMI Associate試験

2019年3月25日発行

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓
┃月刊 銀ノ弾丸★ディスパッチャー      ┏┛Optimizing     ┃
┃≪≪プロセス改善のためのCMMI活用≫≫   ┏┛Quantitatively Managed┃
┃                    ┏┛Defined         ┃
┃発行:(株)大和コンピューター     ┏┛Managed          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━┛
今日はやよい軒に行く。
                      (SAM SP 1.2 供給者を選定する)

CONTENTS
■CMMI V2.0アップグレードトレーニングとCMMI Associate試験


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『ソフトウェア品質保証(SQA)コース』
日程:2019年 5月15日(水)
ソフトウェア品質保証(SQA)の概要や実施方法を学び、プロジェクトの成功に貢
献できるSQA要員を育成するためのコースです。
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/seminar/sqa
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『CMMI研究所公認 CMMI入門コースv1.3』
日程:2019年 5月22日(水)~24日(金)
システム・ソフトウェアエンジニアリングの管理者、エンジニア、アプレイザル
チームメンバ、プロセス改善担当者等の方々にCMMIの基礎となるコンセプトをご
紹介するコースです。
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/seminar/introv1_3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
大和コンピューターは、CMMI研究所とのパートナ契約の下、公認のCMMIコースや、
CMMIの成熟度レベルを判定する評定手法SCAMPIによるアプレイザル等のサービス
をご提供しております。

▼サービス事例
・組織のメンバにCMMIの概要を伝える、トレーニングコース
・現在のプロセスの改善の機会を明らかにする、ギャップ分析
・改善の機会に対する改善策の検討の参加
・標準プロセスや各種テンプレートの作成活動に対する支援
・御社にインストラクタを派遣して実施するCMMI研究所公認CMMI入門コース

皆様のニーズに柔軟に対応しておりますので、まずはお気軽に下記までご連絡下
さい。
https://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/inquiries
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■CMMI V2.0アップグレードトレーニングとCMMI Associate試験
────────────────────────────────────
CMMI V2.0のアプレイザルにチームメンバ(ATM)として参加するには、Associate
試験に合格してCMMI Associate資格を獲得するのが一つの条件になります。

CMMI Associate試験は、以下の3種類のトレーニングのいずれかを受講すれば、
一緒に受験資格が得られます。

 (1) Foundations of Capabilityコース(2日間の講座形式)
 (2) CMMI V2.0アップグレードトレーニング(1日間の講座形式)
 (3) CMMI V2.0アップグレードトレーニング(Eラーニング版)

(1)は、現在のCMMI入門コースの一部に相当し、CMMI V2.0のコアとなる要素につ
いて学びます。Developmentの評定にATMとして参加にするには、このコースと合
わせてBuilding Development Excellence(BDE)という1日コースの受講も別途必
要です。

アップグレードトレーニングは、CMMI V1.3の入門コース受講済みまたはアップ
グレード済みの方であれば誰でも受講できます。(2)のインストラクタが教える
講座形式の1日コースと、(3)のEラーニングで一人で受講する形式が選択できま
す。

先日、私はEラーニング版のアップグレードトレーニングとCMMI Associate試験
を実際に受験してみました。

Eラーニング版は、すでにCMMI研究所のサイトで申込み可能になっておりますが、
まだ英語版しかないことと、どんな内容が分からないことから、受講を躊躇され
ている方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回のメルマガでは、Eラーニング版のアップグレードトレーニングと
CMMI Associate試験を、先日筆者が実際に受験して体験したことを元に、概要
をご紹介したいと思います。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMI V2.0アップグレードトレーニング(Eラーニング版)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Eラーニング版のアップグレードトレーニングを受講するには、まずはCMMI研究
所のサイトの登録が必要です。下記のサイトから登録処理を進めます。
https://cmmiinstitute.com/

登録が完了したら、トレーニングの申込用ページに移動し、購入処理を行います。
https://cmmiinstitute.com/store/cmmi-v2_0-upgrade-training

受講料は$600です。この価格には、CMMI V2.0モデルのオンラインビューアの30
日間アクセス権と、CMMI Associate試験1回分の受験料が含まれています。

クレジットカードがデフォルトの決済方法となっています。それ以外の決済処理
で行うには、個別にCMMI研究所に問合せが必要です。

購入処理が完了すると、CMMI研究所のトレーニングサイト上で受講が可能になり
ます。インターネットが接続できる環境であれば、PC、タブレット、スマートフ
ォンなどでどこでも受講が可能です。

コースのトピックは以下となっています。

 Module 1: CMMI V2.0 Introduction and Overview
 Module 2: CMMI V2.0 Product Suite
 Module 3: Model Structure
 Module 4: Model Content
 Module 5: Performance and Capability
 Module 6: Context Specific Content
 Module 7: Terminology Changes
 Module 8: Maturity and Capability Levels
 Module 9: Next Steps
 End of Course Survey

全部で約250枚ほどのスライドがあります。各スライドは、アニメーションムー
ビーと音声で解説がありますので、結構見ごたえはあります。ヘッドホンやスピー
カーを用意して受講しましょう。

上記のメイン資料の他にも、CMMI V2.0モデル、V2.0の全体像を説明した資料、
コースの目標や演習内容等が書かれたワークブック、Development以外の要素を
説明した補足資料など、多くの関連資料が入手可能になりますので、一通り目を
通したほうがよいでしょう。

各モジュールの終わりには、理解度を確認する演習問題が4~6問くらいずつ出題
されます。これらを全問正解しないと、先に進めないようになっています。全モ
ジュール完了すれば、履修完了となります。

その他の留意点をまとめておきます。
・全体で4~6時間かかるとガイドされていますが、独学でしっかり理解しながら
 受講する場合、英語とCMMIの両方に詳しい人でないと、この時間で終了するの
 は難しいと思われます。倍くらいの時間を確保し、少しずつ進めていくのをオ
 ススメします。
 
・最大の注意点は、申込みから完了までの期間が30日間に設定されていることで
 す。モデルのオンラインビューアのアクセス可能期間に合わせて、トレーニン
 グやAssociate試験の受講可能期間も30日間に設定されています。したがって、
 忙しくて受講の時間がないという期間は避けて申込みを行うようにし、いった
 ん申し込んだら、30日以内にトレーニングとAssociate試験の受験まで完了さ
 せるようにしてください。
 
・トレーニングの資料やモデルのPDFも、この30日以内にダウンロードしておく
 とよいです。
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMI Associate試験
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
CMMI Associate試験は、CMMI研究所のトレーニングサイト上で受験が可能です。

試験は全60問、制限時間180分、正答率80%(48問正解)で合格となります。

いったん試験を開始すると、途中でストップさせることが出来ませんので、受験
中に割り込みが入らない環境を準備してから開始してください。

実際は、1問あたり1~2分でほとんど回答できると思われますので、1~2時間く
らいで完了できるでしょう。

アップグレードトレーニング同様、インターネットが接続できる環境であれば、
どこでも受講が可能です。バッテリー切れにはご注意ください。

試験は、一人で誰とも相談せずに受験すること、とガイドされています。ただし、
Open Book Eaxmですので、テキストやノートを見ながら受験することは可能です。
受験時には、CMMI V2.0モデルのPDF、適用と移行ガイド、クイックリファレンス、
トレーニング教材、その他のV2.0に関する参考資料やノートなどを参照できる状
態でのぞむと良いでしょう。

試験問題は、二択、四択、複数選択の形式で出題され、CMMI V2.0のプラクティ
ス領域や能力領域に関するもの、用語の意味を問うもの、構成要素に関するもの、
アプレイザルに関するものなどが出題されます。

現時点では問題はすべて英語ですが、設問部分のテキストをコピー&ペーストで
きるので、翻訳サイトなどを使って日本語化することは可能です。英語に自信の
ない方でもなんとかなるでしょう。

万が一不合格だった場合は、60日間経過後から追試料250ドルを払えば、再受験
は可能です。

では最後に、練習問題をやってみましょう。四択です。皆さんはわかりますか?
解答は最終行です。

(1)「タスクに人を割り当てる」というプラクティスが含まれるプラクティス領
 域は以下のどれか。
  a.Organizational Training (OT)
  b.Planning (PLAN)
  c.Estimating (EST)
  d.Process Management (PCM)

(2) 原因分析と解決(CAR)を含む能力領域は以下のどれか。
  a.Planning and Managing Work (PMW)
  b.Engineering and Developing Products (EDP)
  c.Supporting Implementation (SI)
  d.Sustaining Habit and Persistence (SHP)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

以上です。受験を躊躇されていた方の参考になれば幸いです。

個人的には、CMMI Associate試験よりも、アップグレードトレーニングをEラー
ニングで受けるほうが、忍耐力を試されているようで大変に感じました。

一人で黙々と受講するのが苦手な方や、自分以外にも同一組織内に一緒にアップ
グレードする必要のある方がいらっしゃる組織の場合は、講座形式のトレーニン
グコースにて大勢の方と一緒に受講したほうが、リアルタイムで質疑応答も出来
ますし、きめ細かいサポートもできますので、オススメではあります。

弊社でも、アップグレードトレーニングの講座の準備を着々と進めておりますの
で、受講を考えておられる方は、個別にお問合せください。


【練習問題の解答】 (1)b  (2)c
                                (大久保)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次号は4月25日配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CMMIおよびSCAMPIは、CMMI研究所の登録商標です。
SEPGおよびIDEALは、カーネギーメロン大学のサービスマークです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人気のある記事

購読はこちらから

CMMI®を実装していくために役立つ情報、CMMI関連のニュースやイベント情報、イベントレポートなどを無料でお届けいたします。また、ソフトウェアプロセス改善についての意見交換の場としても活用していきたいと思っております。
配信は月1回(25日頃)を原則といたします。

まぐまぐ!による配信

読者購読規約

メルマ!による配信
大和コンピューターによる配信 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
個人情報の取り扱いに同意して

個人情報の取り扱い

会社の名称
株式会社大和コンピューター
個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者代理人
職 名:メルマガ担当
所 属:コンサルティング部
E-mail:cmmnet@daiwa-computer.co.jp
利用目的
メールマガジンの配信
個人情報を第三者に提供する予定
個人情報の取扱いの委託を行う予定
下記の求めに応じる問合せ窓口
・開示対象個人情報の利用目的の通知
・開示対象個人情報の開示
・開示対象個人情報の訂正、追加又は削除
・開示対象個人情報の利用又は提供の拒否権
受付窓口
メルマガ担当
E-mail:cmmnet@daiwa-computer.co.jp
本人が個人情報を与えることの任意性
任意
当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果
メールが届きません。
本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得

お問い合わせ

Copyright® DAIWA COMPUTER CO.,LTD. All Rights Reserved.

JASDAC証券コード:3816 CMMI Institute Partner CMMI V2.0 成熟度レベル5 ISO認証取得 プライバシーマーク付与認定取得