メールマガジンのご案内

  1. メールマガジンのご案内
  2. CMMI導入コンサルティングTOP
  3. ホーム

メールマガジン「銀の弾丸ディスパッチャー」

メールマガジン 内容のご紹介

CMMI®を実装していくために役立つ情報、CMMI関連のニュースやイベント情報、イベントレポートなどを無料でお届けいたします。また、ソフトウェアプロセス改善についての意見交換の場としても活用していきたいと思っております。
配信は月1回(25日頃)を原則といたします。
まぐまぐによる配信 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
※『まぐまぐ!』から発行しています。 
メルマ!による配信 規約に同意して登録する 解除する
 
melma! 利用規約
大和コンピューターによる配信 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
個人情報の取り扱いに同意して


メールマガジン バックナンバー

「銀ノ弾丸ディスパッチャー」のバックナンバーは、こちらからご覧いただけます。
[CMM]第155号:2017/02/24 CMMI関連の情報
[CMM]第154号:2017/01/25 CMMIでアジャイル開発のパフォーマンスを改善するガイド
[CMM]第153号:2016/12/22 未成熟な組織と成熟した組織
[CMM]第152号:2016/11/25 CMMIプロフェッショナルの資格, 【おまけ】CMMI Professional 勝手に予想問題
[CMM]第151号:2016/10/25 アプレイザルスポンサの役割と責任(アプレイザル後)
[CMM]第150号:2016/09/23 これからはPDCAじゃなくてOODA?
[CMM]第149号:2016/08/25 アプレイザルスポンサの役割と責任(計画段階とオンサイト期間)
[CMM]第148号:2016/07/25 人を動かすアプローチ:改善活動に関係者をうまく巻き込んでいくには
[CMM]第147号:2016/06/24 モデルとスタンダードとメソドロジー, TNG
[CMM]第146号:2016/05/25 Capability Counts 2016レポート
[CMM]第145号:2016/04/25 オルタナ系
[CMM]第144号:2016/03/25 ISACAがCMMI Instituteを買収, Maturity Profile Report
[CMM]第143号:2016/02/25 アプレイザル件数が新記録, 仕立てられていない服を着る
[CMM]第142号:2016/01/25 プロセスモデルの学び方
[CMM]第141号:2015/12/25 アンビシャスターゲットツリー
[CMM]第140号:2015/11/25 プロセス改善ストーリー:ある新米SEPGの1日(評定に参加する)
[CMM]第139号:2015/10/23 道徳性発達理論
[CMM]第138号:2015/09/25 iコンピテンシ ディクショナリ(iCD)で人材育成
[CMM]第137号:2015/08/25 航空機テロを避けて自動車事故
[CMM]第136号:2015/07/24 Fundamentals of CMMI と Certified CMMI Associate
[CMM]第135号:2015/06/25 標準プロセスをどのように展開するのか
[CMM]第134号:2015/05/25 組織の能力を向上させる12の質問 - CMMI Global Congress 2015レポート
[CMM]第133号:2015/04/24 CMMIグローバルコングレスのご案内, アプレイザルスポンサのSASアカウント
[CMM]第132号:2015/03/25 組織の標準プロセスに「石の猫」はいないか
[CMM]第131号:2015/02/25 Maturity Profile Report, アクション・プラン・リアプレイザル
[CMM]第130号:2015/01/23 CMMI Instituteの自己診断ツール, Action Plan Reappraisal (APR)
[CMM]第129号:2014/12/25 光る標準
[CMM]第128号:2014/11/25 共通プラクティスで改善活動を見直そう
[CMM]第127号:2014/10/24 CMMIカンファレンスのご案内, プロセス改善は誰のものか?
[CMM]第126号:2014/09/25 プロセス改善活動を楽しむには
[CMM]第125号:2014/08/25 モデルのトレーニングだけか。まじかー。
[CMM]第124号:2014/07/25 弱い組織でも強くなれる? 〜開成高校野球部に学ぶプロセス改善術〜
[CMM]第123号:2014/06/25 クールエイドを飲むな!
[CMM]第122号:2014/05/23 Maturity Profile Report, SEPG NA 2014 in Washington, D.C.
[CMM]第121号:2014/04/25 CMMIカンファレンスのご案内, Security by Design with CMMI for Development V1.3
[CMM]第120号:2014/03/25 CMMIの最近のニュース, システム監査技術者試験からアプレイザルの考え方を学ぶ
[CMM]第119号:2014/02/25 そのサンプリングファクタを使用しない理由は何?
[CMM]第118号:2014/01/24 プロセス改善ストーリー:ある新米SEPGの1日(改善の時間がない)
[CMM]第117号:2013/12/25 CMMI Institute のプレスリリース、読んだ?, Pop Quiz, Hotshot.
[CMM]第116号:2013/11/25 SMDD v1.3a情報, KANBANをアプレイザルに使う
[CMM]第115号:2013/10/25 SCAMPI E 情報, Maturity Profile Reports September 2013
[CMM]第114号:2013/09/25 安全運転の心得をソフトウェア開発に活かす
[CMM]第113号:2013/08/23 イベント情報:2013 SEPG North America // The CMMI Conference, ビブリオバトル
[CMM]第112号:2013/07/25 CMMI-SVCを知る
[CMM]第111号:2013/06/25 たまにある質問とその答え(3)
[CMM]第110号:2013/05/24 ある日突然SEPGリーダーを引き継ぐことになったら
[CMM]第109号:2013/04/25 SEPG Notrh America 2013の開催場所と日程が決定, Maturity Profile Reports March 2013
[CMM]第108号:2013/03/25 ほにゃらら戦略
[CMM]第107号:2013/02/25 役立つプロセス資産ライブラリをめざす
[CMM]第106号:2013/01/25 それ行けスマート
[CMM]第105号:2012/12/25 改善活動の進捗遅れに手を打つ, CMMI Instituteの運営が開始
[CMM]第104号:2012/11/22 SCAMPI M
[CMM]第103号:2012/10/25 Maturity Profile update
[CMM]第102号:2012/09/25 プロセス改善ストーリー:ある新米SEPGの1日(CMの問題点を検討する)
[CMM]第101号:2012/08/25 アサーション
[CMM]第100号:2012/07/25 メルマガ100号記念キャンペーン, プロセス改善のリーダーとフォロワー
[CMM]第99号:2012/06/25 CMMI V1.3 の正誤表, CMMIがSEIから新しいビジネスユニットへ
[CMM]第98号:2012/05/25 Maturity Profile update
[CMM]第97号:2012/04/25 聞き手を引き込むSEPGのプレゼン術
[CMM]第96号:2012/03/23 付加価値のある監査
[CMM]第95号:2012/02/24 プロセス改善ストーリー:ある新米SEPGの1日(PPQAを実施する)
[CMM]第94号:2012/01/25 なぜなぜ分析
[CMM]第93号:2011/12/25 プロセス改善ストーリー:ある新米SEPGの1日(改善事例を学ぶ)
[CMM]第92号:2011/11/25 サンプリングファクタの実態
[CMM]第91号:2011/10/25 Maturity Profile update
[CMM]第90号:2011/09/25 プロセス改善活動のモチベーションを下げない工夫
[CMM]第89号:2011/08/25 フィードバックフォーム
[CMM]第88号:2011/07/25 プロセス改善ストーリー:ある新米SEPGの1日(改善の必要性を語る)
[CMM]第87号:2011/06/24 CMMIの原文を読む
[CMM]第86号:2011/05/25 アプレイザル手法V1.3の変更点 データカバレッジルールについて
[CMM]第85号:2011/04/25 Maturity Profile update
[CMM]第84号:2011/03/25 オレゴンからPI
[CMM]第83号:2011/02/25 CMMI V1.3とアジャイル
[CMM]第82号:2011/01/25 CMMI V1.3 の影響
[CMM]第81号:2010/12/24 プロセス改善ストーリー:ある新米SEPGの1日(現場ヒアリング)
[CMM]第80号:2010/11/25 CMMI Version 1.3 の主な変更点−ML2および3
[CMM]第79号:2010/10/25 Maturity Profile update
[CMM]第78号:2010/09/24 プロセス改善ストーリー:ある新米SEPGの1日(改善計画を作る)
[CMM]第77号:2010/08/25 もし初心者SEPGがはじめて標準プロセス作成にとりくんだら
[CMM]第76号:2010/07/23 聞けば答える
[CMM]第75号:2010/06/25 プロセス改善ストーリー:ある新米SEPGの1日(改善策策定編その3)
[CMM]第74号:2010/05/25 現場レポート 〜 検証プロセス編 〜
[CMM]第73号:2010/04/23 Maturity Profile update
[CMM]第72号:2010/03/25 Fly with me, darling 飛び立つの ふたりのサヴァンナへ
[CMM]第71号:2010/02/25 プロセス改善ストーリー:ある新米SEPGの1日(改善策策定編その2)
[CMM]第70号:2010/01/25 Model Improvements Approved by the CCB
[CMM]第69号:2009/12/25 プロセス改善ストーリー: ある新米SEPGの1日(改善策策定編)
[CMM]第68号:2009/11/25 アプレイザルの日数
[CMM]第67号:2009/10/23 Maturity Profile update
[CMM]第66号:2009/09/25 成熟度レベル3への一つのヒント:それだけじゃないPMO
[CMM]第65号:2009/08/25 CMMIモデルの勉強方法
[CMM]第64号:2009/07/24 分析力
[CMM]第63号:2009/06/25 データ測定の重要性:しかし日本人は定量化するのが苦手?
[CMM]第62号:2009/05/25 SEPG in San Jose レポート
[CMM]第61号:2009/04/24 ビジネスゴールの例
[CMM]第60号:2009/03/25 プロセス改善の動機付け:「何が人の心を動かすのか?」
[CMM]第59号:2009/02/25 CMMI Ver1.3の変更点
[CMM]第58号:2009/01/23 開発よりも調達なあなたにはCMMI-ACQ
[CMM]第57号:2008/12/25 裁判員制度と正式評定:「客観的に評価するためには?」
[CMM]第56号:2008/11/25 利害関係者を関与させよう
[CMM]第55号:2008/10/24 なぜリスクを特定できないのか
[CMM]第54号:2008/09/25 強い組織を作る:「参加することに意義がある?」
[CMM]第53号:2008/08/25 CMMIのランキング その2
[CMM]第52号:2008/07/25 決定分析と解決のあいだ
[CMM]第51号:2008/06/25 工事進行基準:「今どこまで出来てる?」
[CMM]第50号:2008/05/23 共通プラクティスとプロセス領域の関係
[CMM]第49号:2008/04/25 事業目標とCMMI
[CMM]第48号:2008/03/25 SEPG2008レポート
[CMM]第47号:2008/02/25 身の回りでCMMIを有効活用する
[CMM]第46号:2008/01/25 たまにある質問とその答え(2)
[CMM]第45号:2007/12/25 名前を付けてやる:「CMMIの手順書」!?
[CMM]第44号:2007/11/22 CMMI for Acquisition Version 1.2 出ました。
[CMM]第43号:2007/10/25 たまにある質問とその答え
[CMM]第42号:2007/09/25 開発のためのCMMI 1.2版での変更点
[CMM]第41号:2007/08/24 CMMI V1.2 モデル−公式日本語翻訳版公開
[CMM]第40号:2007/07/25 IDEALのアイ
[CMM]第39号:2007/06/25 「〜を計画する」とは?
[CMM]第38号:2007/05/25 SEPG2007体験レポート in Austin
[CMM]第37号:2007/04/25 IDEAL:ソフトウェアプロセス改善のためのユーザーズガイド
[CMM]第36号:2007/03/23 Saigon Shakes, Hanoi Rocks!! - CMMI入門コース in Vietnam
[CMM]第35号:2007/02/23 SW-CMMとCMMI
[CMM]第34号:2007/01/25 CMMI v1.2での変更点 モデル編-2
[CMM]第33号:2006/12/25 CMMI V1.2 日本語版リリースまでの暫定処置
[CMM]第32号:2006/11/24 CMMI v1.2での変更点 モデル編
[CMM]第31号:2006/10/25 改善情報を集める話
[CMM]第30号:2006/09/25 ついにCMMI v1.2がリリースされました!
[CMM]第29号:2006/08/25 定義されたプロセスを確立する話
[CMM]第28号:2006/07/25 ゴールが見えて初めて計画が立てられる
[CMM]第27号:2006/06/23 上位レベルの管理層と共に状況をレビューする話
[CMM]第26号:2006/05/25 5つの成熟度レベル
[CMM]第25号:2006/04/25 忠実さを客観的に評価する話
[CMM]第24号:2006/03/24 SEPG2006レポート
[CMM]第23号:2006/02/24 プロセスを監視し制御する話
[CMM]第22号:2006/01/25 続報:CMMI V1.2のリリースについて
[CMM]第21号:2005/12/22 SEPG2006 プログラム発表
[CMM]第20号:2005/11/25 速報:CMMI V1.2のリリースについて
[CMM]第19号:2005/10/25 CMMIのキーワード
[CMM]第18号:2005/09/22 要件開発プロセス領域
[CMM]第17号:2005/08/25 構成を管理する話
[CMM]第16号:2005/07/25 自分のプロジェクトを守るためのプロセス領域
[CMM]第15号:2005/06/24 人員をトレーニングする話
[CMM]第14号:2005/05/25 CMMIの認証取得??
[CMM]第13号:2005/04/25 責任を割り当てる話
[CMM]第12号:2005/03/25 SEPG2005レポート
[CMM]第11号:2005/02/25 資源を提供する話
[CMM]第10号:2005/01/25 成熟度レベル2の壁
[CMM]第9号:2004/12/24 プロセスを計画する話
[CMM]第8号:2004/11/25 CMMIを実生活で役立てよう!
[CMM]第7号:2004/10/25 組織方針の話
[CMM]第6号:2004/09/24 SEPG JAPAN 2004 レポート
[CMM]第5号:2004/08/25 プロジェクトマネージャの仕事
[CMM]第4号:2004/07/23 計測と成熟度レベルの関係
[CMM]第3号:2004/06/25 計測について
[CMM]第2号:2004/05/25 SEIホームページの歩き方
[CMM]創刊号:2004/04/23 SEPG2004体験記
[CMM]準備号:2004/04/01 イントロコース受講者のみなさまへメルマガ創刊のご案内。
 CMMIおよびSCAMPIは、CMMI研究所の登録商標です。
 SEPGおよびIDEALは、カーネギーメロン大学のサービスマークです。

メールマガジンについてのお問い合わせ

ご不明な点がございましたら、こちらまでお問い合わせください。
E-mail: cmmnet@daiwa-computer.co.jp

ページの最上部へ