製品・ソリューション

CMMI供給者管理ビュー

CMMI V2.0 SPM

CMMI供給者管理(CMMI-SPM)ビューのアーキテクチャと成熟度レベルについて紹介します。

CMMI供給者管理ビュー

供給者管理ビューは、サプライチェーンを最適化するためのプロセスとパフォーマンスを改善する要素を集めたビューです。

中核となるプラクティス領域のほか、ドメイン固有の要素として、供給者の選定と管理の能力領域に属する供給者合意管理(SAM)と供給者選定(SSS)の2つのプラクティス領域が含まれます。

また、CMMI V2.2より追加された、仮想ソリューション提供の支援(EVSD)、安全性の支援(ESAF)、セキュリティの支援(ESEC)、セキュリティの脅威と脆弱性の管理(MST)を含め、全部で22個のプラクティス領域が対象になります。

区分能力領域プラクティス領域
実行
Doing
品質の確保要件の開発と管理
プロセス品質保証
検証と妥当性確認
ピアレビュー
供給者の選定と管理供給者選定
供給者合意管理
管理
Managing
作業の計画と管理見積もり
計画
監視と制御
事業レジリエンスの管理リスクと機会の管理
人材の管理組織トレーニング
仮想ソリューション提供の支援
支援
Enabling
実施の支援原因分析と解決
決定分析と解決
構成管理
セキュリティと安全性の管理安全性の支援
セキュリティの支援
セキュリティの脅威と脆弱性の管理
改善
Improving
習慣と持続性の維持統治
実装のインフラ
実績の改善プロセス管理
プロセス資産開発
実績と測定の管理

成熟度レベル

下の図のグレーでないところが供給者管理ビューにおける各成果物レベルを満たすための要件です。

仮想ソリューション提供の支援(EVSD)、安全性の支援(ESAF)、セキュリティの支援(ESEC)、セキュリティの脅威と脆弱性の管理(MST)は、アプレイザルのターゲットに含まれる場合は対象となります。

CMMI Supplier Management成熟度レベル2の要件

プラクティス領域レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
原因分析と解決 (CAR)     
決定分析と解決 (DAR)     
リスクと機会の管理 (RSK)     
組織トレーニング (OT)     
プロセス管理 (PCM)     
プロセス資産開発 (PAD)     
ピアレビュー (PR)     
検証と妥当性確認 (VV)     
セキュリティの脅威と脆弱性の管理(MST)     
セキュリティの支援 (ESEC)     
安全性の支援 (ESAF)     
仮想ソリューション提供の支援(EVSD)     
供給者選定 (SSS)     
実績と測定の管理 (MPM)     
供給者合意管理 (SAM)     
プロセス品質保証 (PQA)     
構成管理 (CM)     
監視と制御 (MC)     
計画 (PLAN)     
見積もり (EST)     
要件の開発と管理 (RDM)     
統治 (GOV)     
実装のインフラ (II)     

CMMI Supplier Management成熟度レベル3の要件

プラクティス領域レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
原因分析と解決 (CAR)     
決定分析と解決 (DAR)     
リスクと機会の管理 (RSK)     
組織トレーニング (OT)     
プロセス管理 (PCM)     
プロセス資産開発 (PAD)     
ピアレビュー (PR)     
検証と妥当性確認 (VV)     
セキュリティの脅威と脆弱性の管理(MST)     
セキュリティの支援 (ESEC)     
安全性の支援 (ESAF)     
仮想ソリューション提供の支援(EVSD)     
供給者選定 (SSS)     
実績と測定の管理 (MPM)     
供給者合意管理 (SAM)     
プロセス品質保証 (PQA)     
構成管理 (CM)     
監視と制御 (MC)     
計画 (PLAN)     
見積もり (EST)     
要件の開発と管理 (RDM)     
統治 (GOV)     
実装のインフラ (II)     

CMMI Supplier Management成熟度レベル4の要件

プラクティス領域レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
原因分析と解決 (CAR)     
決定分析と解決 (DAR)     
リスクと機会の管理 (RSK)     
組織トレーニング (OT)     
プロセス管理 (PCM)     
プロセス資産開発 (PAD)     
ピアレビュー (PR)     
検証と妥当性確認 (VV)     
セキュリティの脅威と脆弱性の管理(MST)     
セキュリティの支援 (ESEC)     
安全性の支援 (ESAF)     
仮想ソリューション提供の支援(EVSD)     
供給者選定 (SSS)     
実績と測定の管理 (MPM)     
供給者合意管理 (SAM)     
プロセス品質保証 (PQA)     
構成管理 (CM)     
監視と制御 (MC)     
計画 (PLAN)     
見積もり (EST)     
要件の開発と管理 (RDM)     
統治 (GOV)     
実装のインフラ (II)     

CMMI Supplier Management成熟度レベル5の要件

プラクティス領域レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
原因分析と解決 (CAR)     
決定分析と解決 (DAR)     
リスクと機会の管理 (RSK)     
組織トレーニング (OT)     
プロセス管理 (PCM)     
プロセス資産開発 (PAD)     
ピアレビュー (PR)     
検証と妥当性確認 (VV)     
セキュリティの脅威と脆弱性の管理(MST)     
セキュリティの支援 (ESEC)     
安全性の支援 (ESAF)     
仮想ソリューション提供の支援(EVSD)     
供給者選定 (SSS)     
実績と測定の管理 (MPM)     
供給者合意管理 (SAM)     
プロセス品質保証 (PQA)     
構成管理 (CM)     
監視と制御 (MC)     
計画 (PLAN)     
見積もり (EST)     
要件の開発と管理 (RDM)     
統治 (GOV)     
実装のインフラ (II)     

お問い合わせ

Copyright® DAIWA COMPUTER CO.,LTD. All Rights Reserved.

ISO認証取得 ISO14001認証取得 ISO27001認証取得 プライバシーマーク付与認定取得 JASDAC証券コード:3816 CMMI Institute Partner CMMI V2.0 成熟度レベル5