製品・ソリューション

コンサルティングサービス 事例1

コンサルティングサービス

コンサルティングサービス 事例1

外資系情報システム業:
システム開発プロセスの改善(SW-CMM成熟度レベル3の達成)

ソフトウェア開発業務に効率化をもたらす、トータルコンサルティング。

1.サービスの概略

  • ソフトウェア開発プロセスの成熟度モデルとしてデファクトスタンダードであるSW-CMM®の成熟度レベル3の達成を目的としたコンサルティングサービスを提供した。
  • 導入教育やギャップ分析、コンサルティング、プロセス改善活動支援、さらに正式アプレイザル(SCAMPISM)まで、段階に応じたトータルソリューションを提供した。

2.お客様のご要望

  • お客様のCEOがCMM®導入を決定しており、それをどのように取り組んでいくか、コンサルテーションを求めておられた。

3.サービスの狙い

  • ソフトウェア開発業務の効率化を図る。
  • 現場に要件定義から設計・開発・テストまで、すべてのプロセスにおいて高品質なシステムの開発をうながす。
  • 現在のプロセスとモデルとを比較することにより、どこが強みでどこが弱みかを分析し、自社の品質レベルを他と相対化して明確にする。
  • 長期にわたるコンサルティングによりソフトウェア開発プロセスを継続的に改善する。

4.決定要因

  • CMM®やISOなど当社が長年にわたって取り組んでいる品質マネジメントシステムへの経験を評価いただいたこと。
  • お客様の従業員数、売上高など会社規模が当社に似通っており、改善提案等にいくつかの共通項が見出せたこと。

5.サービスの効果

  • ソフトウェア開発業務の効率化が実現した。
  • 目標を設定することにより、従業員のモチベーションが向上した。
  • 開発プロセスの可視性が向上した。

6.PR

  • 実際に当社でCMM®/CMMI®に取り組んできた実績があり、SEI認定のリードアプレイザ2名、インストラクター1名を社内に有し、グローバルスタンダードのコンサルティング活動を推進しています。
  • 導入教育、体制づくり、ギャップ分析、コンサルティング、正式アプレイザル(SCAMPISM)など、トータルのサービスが提供でき、お客様のビジネスニーズやスキルに合わせて最適なサービスを提案します。
  • 日本人リードアプレイザによる、SEI認定CMMI®入門コースをはじめ、従来は海外でしか受講できなかった認定コースを日本(東京・大阪)で開催しています。

CMMI®, CMM®, SW-CMM, SA-CMM, SE-CMM are registered in the U.S. Patent and Trademark Office by Carnegie Mellon University.
IDEALSM and SCAMPISM are service marks of Carnegie Mellon University.

Copyright® DAIWA COMPUTER CO.,LTD. All Rights Reserved.

JASDAC証券コード:3816 CMMI Institute Partner ISO認証取得 プライバシーマーク付与認定取得