メールマガジンのご案内

メールマガジン「銀の弾丸ディスパッチャー」

第161号:2017/08/25

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓
┃月刊 銀ノ弾丸★ディスパッチャー      ┏┛Optimizing     ┃
┃≪≪プロセス改善のためのCMMI活用≫≫   ┏┛Quantitatively Managed┃
┃                    ┏┛Defined         ┃
┃発行:(株)大和コンピューター     ┏┛Managed          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━┛
映画館で隣の席に座っていた人が、本編が終わったときに急にものすごい勢いで
ポップコーンを食べ出した。エンドロールが終わってもまだ食べていた。ペース
配分を誤ったな。            (MA SP 2.2 測定データを分析する)

CONTENTS
■ゴールとプラクティスの関係


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
『CMMI入門コース』
ハイテクシステム、コンシューマーソフトウェア、またはITハードウェアを開発
しているかどうかにかかわらず、最高品質の製品を納期を遵守して顧客に届くよ
うにしなければなりません。このコースでは、『開発のためのCMMI』を使用して
組織の製品開発作業の有効性、効率性、品質を向上させる方法を学びます。
2017年11月15日(水)〜17日(金)の3日間
メルマガ読者割引あります。申込時にその旨お伝えください。
http://www.daiwa-computer.co.jp/jp/seminar/introv1_3.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピーアール
────────────────────────────────────
大和コンピューターは、CMMI研究所とのパートナ契約の下、公認のCMMIコースや、
CMMIの成熟度レベルを判定する評定手法SCAMPIによるアプレイザル等のサービス
をご提供しております。

▼サービス事例
・組織のメンバにCMMIの概要を伝える、トレーニングコース
・現在のプロセスの改善の機会を明らかにする、ギャップ分析
・改善の機会に対する改善策の検討の参加
・標準プロセスや各種テンプレートの作成活動に対する支援
・御社にインストラクタを派遣して実施するCMMI研究所公認CMMI入門コース

皆様のニーズに柔軟に対応しておりますので、まずはお気軽に下記までご連絡下
さい。
http://www.daiwa-computer.co.jp/jp/consulting/inquiries/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ゴールとプラクティスの関係
────────────────────────────────────
CMMIには固有ゴールと共通ゴールがある。

どちらのゴールも必要とされるモデル構成要素であり、プロセス領域を満たすた
めに存在しなければならない特性を記述している。

プラクティスは、関連づけられたゴールを達成するにあたって、重要であると見
なされる活動の記述である。プラクティスは、ゴールの達成につながることが期
待される活動を記述している。プラクティスは、期待されるモデル構成要素であ
る。

プラクティスはゴールを達成するために重要であると見なされるものなのだが、
なかにはこのプラクティスいるの?と思うようなプラクティスもある。

例えば、『プロセスと成果物の品質保証(PPQA)』の『SP 2.2 品質保証活動の記
録を確立し保守する』。確かに品質保証活動の記録を残すことは重要である。し
かしこのプラクティスがゴールを達成するためにどれほど貢献しているのか。

PPQAの『SG 2 不遵守課題は客観的に追跡および伝達され、確実に解決されてい
る。』には、下記の2つのプラクティスが関連づけられている。

SP 2.1 要員および管理者と共に、品質課題を伝達し、不遵守課題を確実に解決
する。
SP 2.2 品質保証活動の記録を確立し保守する。

『SG 2 不遵守課題は客観的に追跡および伝達され、確実に解決されている。』
を達成するためには、『SP 2.1 要員および管理者と共に、品質課題を伝達し、
不遵守課題を確実に解決する。』だけで十分ではないか。

SP 2.1だけで、課題の追跡、伝達および解決はカバーされている。SP 2.2はSG 2
を達成するためにどれほど貢献しているのか。SG 2はSP 2.1だけでよいのではな
いか。

次の例は、『検証(VER)』の『SP 3.2 すべての検証活動の結果を分析する。』で
ある。

VER の『SG 3 指定された要件に照らして、選択された作業成果物が検証されて
いる。』には、下記の2つのプラクティスが関連づけられている。

SP 3.1 選択された作業成果物に対して検証を実施する。
SP 3.2 すべての検証活動の結果を分析する。

『SG 3 指定された要件に照らして、選択された作業成果物が検証されている。』
を達成するためには、『SP 3.1 選択された作業成果物に対して検証を実施する。』
だけで十分ではないか。

「選択された作業成果物が検証されている」というゴールに対して「選択された
作業成果物に対して検証を実施する」。十分だろう。SP 3.2はいるのか。何を足
す必要があるのか。「すべての検証活動の結果を分析する」は、SP 3.1のサブプ
ラクティスでもいいだろう。

VER SP 3.2 と来れば、次は『妥当性確認(VAL)』の『SP 2.2 妥当性確認の活動
の結果を分析する。』である。

VAL の『SG 2 成果物または成果物構成要素が、意図された運用環境での使用に
適しているようにするために、成果物または成果物構成要素の妥当性が確認され
ている。』には、下記の2つのプラクティスが関連づけられている。

SP 2.1 選択された「成果物および成果物構成要素」に対して妥当性確認を実施
する。
SP 2.2 妥当性確認の活動の結果を分析する。

「成果物または成果物構成要素の妥当性が確認されている」というゴールに対し
て「選択された『成果物および成果物構成要素』に対して妥当性確認を実施する」。
このプラクティスだけで十分だろう。これも『SP 2.2 妥当性確認の活動の結果
を分析する。』は、SP 2.1のサブプラクティスでいいだろう。

すべてのゴールには、2つ以上の関連づけられたプラクティスが存在している。
プラクティスがひとつだけというのはダメなのか。
                                 (穴田)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
次号は9月25日配信予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CMMIおよびSCAMPIは、CMMI研究所の登録商標です。
SEPGおよびIDEALは、カーネギーメロン大学のサービスマークです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

購読はこちらから

CMMI®を実装していくために役立つ情報、CMMI関連のニュースやイベント情報、イベントレポートなどを無料でお届けいたします。また、ソフトウェアプロセス改善についての意見交換の場としても活用していきたいと思っております。
配信は月1回(25日頃)を原則といたします。
まぐまぐによる配信 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
※『まぐまぐ!』から発行しています。 
メルマ!による配信 規約に同意して登録する 解除する
 
melma! 利用規約
大和コンピューターによる配信 メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
個人情報の取り扱いに同意して


お問い合わせ

CMMI導入に関する各種サービスについてのお問い合わせはこちら

ページの最上部へ